39の結果を表示中
お知らせ, 中学生練習会

【お知らせ】2021中学生練習会中止のお知らせ

2021中学生練習会 中止のお知らせ

新型コロナウイルスの福岡県内における急激な感染拡大状況と、‎福岡コロナ特別警報の発動に係る部活動の留意事項に準じて、8月19日(木)・20日(金)の中学生練習会を中止する事と決定いたしました。

お申込みいただいております方々におかれましては大変楽しみにしていただいていたかと存じますが、何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

また、練習会開催が可能になれば改めてお知らせいたします。本校サッカー部TwitterとHP【華麗なる猛虎 https://www.tokaifukuoka.com/ 】をご確認ください。

なお、8月28日(土)の本校オープンスクールは、一部内容を変えて行う予定です。是非、ご参加ください。
※ 部活動体験を『部活動説明会』に変更する可能性があります。変更の場合は本校HP【東海大福岡高校https://www.fukuoka.tokai.ed.jp/ 】でお知らせいたします。本校HPをご確認ください。

お知らせ, 和倉ユース(U-18)サッカー大会, 東海魂

【お知らせ】和高校サッカードットコムさんに掲載されました

 和倉ユースでの本校の活躍について、高校サッカードットコムさんが掲載してくださいました。
 記事の内容は、予選リーグ最終戦のvs浜松開誠との内容になります。

 以下、高校サッカードットコムURL

https://koko-soccer.com/report/2487/2146-20210728wakura04

お知らせ, 東海魂

【お知らせ】2021年度新入生の練習参加日程

2021年度新入生の練習参加の日程についてお知らせ致します。

 3/27日(土)
 寮生の入寮日のため、新入生のトレーニングは、ありません。

 3/28日(日)
 10:30〜短大G(土のグランド)でトレーニング

 3/29日(月)
 12:30〜トレーニング
 集合時間は11:30 ※昼食を済ませて来て下さい。

 3/30日(火)
 14:00〜短大G(土のグランド)でトレーニング

 3/31日以降は、後日連絡致します。

お知らせ, サニックス杯, 東海魂

【お知らせ】3年生2名がゲキサカに

先日のサニックス杯での活躍で、
上本 銀太 (ハジャスFC) (芳明サッカースポーツ少年団)
小濵 弘貴 (セレソン都城FC) (SOO FC)
の2名がゲキサカに取り上げられております。

以下ゲキサカより引用になります。
[上本銀太]    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?327023-327023-fl

福岡の伝統校・東海大福岡高の大丸忠監督が、今年の注目株として挙げるのがCB上本銀太主将(新3年=ハジャスFC出身)だ。

 昨年もレギュラーCBを務めていた180cmの強靭なストッパー。サニックス杯ユースサッカー大会2021では、青森山田高(青森)戦でCKからヘディング弾を決めるなどベストイレブンに選出された。

「高校卒業からプロに行きたい」と語るCBは、対人の強さやロングボールの質などで勝負。選手権ベスト4やクラブユース選手権の上位チームなどと戦ったサニックス杯で強みも発揮していた。

 だが、「今のままでは厳しいので、もっと練習したい」。全国トップレベルのチームとの戦いで思い通りに行かないことが多かった。それだけに、頭で競り勝った上に味方へボールを繋ぐ部分や、相手の2列目からの抜け出しに対応する部分、アジリティーなどの課題を改善すること。声やプレーで東海大福岡を引っ張るCBはより自身を高め、チームを全国へ導いて評価を勝ち取る。

「自分、気持ちとかある選手が好きなので槙野(智章)選手とか好きです。プロになってみんなから応援される選手になりたいです」と語る上本。名門復活のキーマンでもあるCBはこの一年、自身の将来のためにも気持ちの強さと自分の実力を見せつける。

[小濵 弘貴]   https://web.gekisaka.jp/news/detail/?327018-327018-fl

サニックス杯ユースサッカー大会2021初戦で国見高(長崎)から決勝ゴール。その後の試合でも強豪チーム相手にシュートを打ちまくっていた。

 東海大福岡高(福岡)の10番FW小濱弘貴(新3年=セレソン都城FC出身)はストロングポイントのスピード、力強さのある仕掛けについて、「全然負けている気もしなかった」。全国トップクラス相手に自分のプレーが通用する手応えを得た大会となった。

 チームナンバー1のスピードを持つ小濱は昨年、主に名門の右サイドでプレー。縦へのドリブルからクロスを上げることが役割だったが、今年はFWへポジションを移してより自由に動き回っている。

 サニックス杯では繰り返しDF背後へ抜け出していたほか、ハイプレスでボールを奪い取り、そのまま強引に持ち込んでのシュートも。「自分を出せたので良かった」と振り返ったように、強気の仕掛けで相手を脅かしていた。

 一方で本人も認める通り、ゴール前で冷静さや、スピードに乗りすぎて精度を欠いてしまっている部分は課題だ。日本代表FW大迫勇也のような「キープ力やゴール前の冷静さが欲しいです」。東海大福岡の前線で一際存在感を放っている俊足FWは、相手にとって怖い存在になるだけでなく、課題を改善してよりチームの白星に貢献する。

 宮崎県のセレソン都城から打倒・東福岡を目標として東海大福岡へ進学。それからの2年間で「東海来てからスピードが上がったというのがあるし、ドリブルの仕掛けの部分が成長したなという感じです。(以前に比べて)自分のスピードを活かすためのドリブルや仕掛けの部分が成長したと思います」。その武器を活かし、「自分が点を決めてチームを勝たせるという気持ちです」を表現して、打倒・東福岡、全国出場を果たす。

お知らせ, 東海魂

【卒部式】3年生卒業

2021/3/2(火)
本日、卒部式が行われました。
3年間でたくましくなった卒業生を見送ることができました。新たなステージでもチャレンジ精神を持ち、挑戦し続けて下さい。また、OBとしていつかこのグランドに帰って来て明るいみんなの姿を見せてください。
卒業おめでとうございます。㊗️⚽️


お知らせ, 新人戦, 東海魂, 試合予定

【Live配信】2021/1/30(土) 福岡新人大会 準決勝

 2021/1/30(土) 福岡新人大会 準決勝の試合が株式会社グリーンカード様により、Live配信されることになりました。
 会場は新型コロナウイルス対策のため、無観客となっておりますので、お気をつけて下さい。

準決勝 13:00キックオフ
東海大福岡vs九州国際大学付属
Live配信

https://youtu.be/cBwFzFexHPw